トップページ

日商簿記2級・3級 難易度比較

「費用や収益率を意識するようなビジネスマンになりたい」
「会社からコスト管理を求められている」
「大学・短大の推薦入学に活かしたい」

そのような目標を持ち、またもっと他の目的でも、簿記の資格を目指される方がたくさんいます。
当サイトは年間40万人(日商簿記)もの方が試験にトライしている簿記検定について、簿記2級・3級の試験の難易度や勉強法について解説しています。

「簿記2級と3級では難易度にどれくらい差があるの?」
「難易度の高い簿記2級にはどんな取得メリットが?」
「簿記3級は、実社会でどこまで通用するの?」

などの疑問にお答えすることが、当サイトの趣旨です。

難易度の差はもちろんありますが、簿記2級と3級は、どちらもビジネスに役立つ価値ある資格です。
そして検定へ向けた準備にはやはり、適切なステップ、適切な攻略法が存在しています。

当サイトは、正道を通って、難易度の高い簿記2級までスキルの階段を上っていただけるようアドバイスをしています。
これから簿記の勉強をめざすみなさんの礎になりますので、ぜひ最後までお読みになってみてください!

次のページ >>


>>簿記資格をできるだけ楽に取りたいなら